すちーるぶっく れびゅー ホーム » 新作情報 (日本) »【予約解禁】 「ブレードランナー 2049」の新デザインのスチールブックが12月21日発売!

【予約解禁】 「ブレードランナー 2049」の新デザインのスチールブックが12月21日発売!  


海外ではすでに発売されてる「ブレードランナー 2049」の新デザインのスチールブックが、日本でも12月21日に発売されます。
今回の商品は新デザインのスチールブックより、新規特典映像が収録されてる事がファンの方にとっては目玉でしょうね。

結構前からAmazonで商品ページが公開されてたので、ブレードランナーファン、スチールブックファンの方はご存知な方も多いでしょう。
いつからか商品ページは見れなくなってますが、ページが公開されてた時にAmazonのお知らせメールに登録をしてたので、今日の11時25分頃に予約可能なメールが届きました。
しかしこれも予約解禁前のフライング配信のようで、商品ページはまだ公開されてません。
おそらく本日18:00から開催のサイバーマンデーセールで正式に予約解禁なんでしょうね。
お知らせメールを登録してない、そんな情報は知らないというスチールブック、ブレードランナーファンの方々の為にも速報として情報を公開します。
リンク先から予約が可能で、記事公開時は予約後もキャセルをする事は可能です。
最近は人気作のスチールブックはすぐに売り切れてしまうので、逃したくない方は今のうちに確保をしておくことをオススメします!

12月21日発売 4,104円
【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー 2049 ブルーレイ スチールブック仕様 (初回生産限定)(新規特典ディスク付 2枚組) [Steelbook] [Blu-ray]


ブレードランナー 2049 スチールブック BLADE RUNNER 2049 steelbook

予約解禁時にまた更新をしたいと思います。

(追記):予約解禁となったので、商品ページへのリンク先修正、画像の更新、Amazonの商品説明を追記しました。



商品の説明 (Amazon.co.jpより引用)
『ブレードランナー 2049』にAmazon.co.jp限定が登場!
新規特典映像収録!
完全数量限定スチールブック仕様!



知る覚悟はあるか。

人間と人造人間《レプリカント》ーーー
人類存亡に関わる<真実>が今、明かされる。


<ストーリー>
2049年、LA市警のブレードランナー“K"(ライアン・ゴズリング)はある事件の捜査中に、人間と人造人間《レプリカント》の社会を、そして自らのアイデンティティを崩壊させかねないある事実を知る。
Kがたどり着いた、その謎を暴く鍵となる男とは、かつて優秀なブレードランナーとして活躍し、30年間行方不明になっていたデッカード(ハリソン・フォード)だった。
デッカードが命を懸けて守り続けてきた秘密---世界の秩序を崩壊させ、人類存亡に関わる<真実>が今、明かされようとしている。

<キャスト>
K:ライアン・ゴズリング(加瀬 康之)
リック・デッカード:ハリソン・フォード(磯部 勉)
ジョイ:アナ・デ・アルマス(小林 沙苗)
マリエット:マッケンジー・デイヴィス(行成 とあ)
ラヴ:シルヴィア・フークス(志田 有彩)
ジョシ:ロビン・ライト(深見 梨加)
ニアンダー・ウォレス:ジャレッド・レト(桐本 拓哉)
サッパー・モートン:デイヴ・バウティスタ(木村 雅史)

<映像特典>(計 約61分)
●映画の世界観をつくる
●ブレードランナー ブラックアウト2022
●2036:ネクサス・ドーン
●2048:ノーウェア・トゥ・ラン
●進化したレプリカント
●ブレードランナーとは
●ウォレス社の繁栄
●2049年にようこそ
●ジョイ
●宙を飛び回るガジェット

<特典ディスク>(計 約49分)
★ドゥニ・ヴィルヌーヴ:ファンから監督へ
★帰ってきたデッカード

●“人間らしく" キャスティングについて
●未来のアクション
●ひとつになる体
●肌を彩る衣装

★:新規追加特典

<ポイント>
■あの革命的SF映画『ブレードランナー』が、新たな<奇跡>を起こす。
フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、SFとフィルム・ノワールを融合し、それまで存在しなかったジャンルを確立することで映画史に金字塔を打ち立てた、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』。
映画の世界のみならず、アニメ、音楽、アート、ファッションなどあらゆるカルチャーに影響をもたらし今なお語り継がれる『ブレードランナー』のDNAを受け継いだ正統続編が、35年の時を経た今、ここに描かれる。

■製作総指揮:リドリー・スコット×監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ。最高のスタッフ陣が集結。
前作『ブレードランナー』の監督にして、『ブラックホーク・ダウン』、『グラディエーター』、そして『テルマ&ルイーズ』で3度のアカデミー賞®最優秀監督賞にノミネートを果たし、『エイリアン』や『オデッセイ』など、圧倒的な映像表現で今なお映画界で最も名高い映画製作者のひとりであるリドリー・スコットが、今回は製作総指揮を担当。
監督するのは自他共に認める『ブレードランナー』信奉者にして、直近作『メッセージ』がアカデミー賞®8部門にノミネートされ世界中の批評家や観客から絶賛されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。
また、前作『ブレードランナー』 同様にハンプトン・ファンチャーが脚本を担当し、音楽は120作品以上の作曲を手掛け、その総興行収入は全世界で240億ドルを超え様々な賞を獲得しているハンス・ジマーが手掛ける。

■必然にして奇跡。豪華キャスト陣が集結。
主人公Kに扮するのは『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞®にノミネートされ、今最も勢いのある男性俳優のひとり、ライアン・ゴズリング。
そしてかつてのブレードランナーである、あのリック・デッカードは前作同様ハリソン・フォードが演じる。
さらに、前作を引き継いだ、思いがけないキャストの出演からも目が離せない。

■SFのジャンルを越えて、人間の魂のあり方に迫る---映画史に残るであろうラストシーンは必見。
「人間とレプリカントの違いとは何か?」「人間らしくあることとは何か?」。SF映画の枠組みを越えた、魂の深遠に踏み込んだ重厚なテーマが、圧倒的映像表現と音楽と共に観る者に問いかけられる。

■最新技術で進化した『ブレードランナー』の世界。
前作の世界観を忠実に踏襲しつつ、より荒廃が進んだ地球の姿が、撮影監督のロジャー・ディーキンス、プロダクション・デザイナーのデニス・ガスナー、衣装デザイナーのレネー・エイプリルといったスタッフの手で、大胆かつ圧倒的なビジュアルで描かれる。


※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。


© 2017 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.





にほんブログ村 映画ブログ 映画グッズ・特典へにほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
ブログ村に登録してます。よかったらポチっとお願いします。




category: 新作情報 (日本)

thread: Blu-ray Disc

janre: 映画

tb: 0   cm: 2

コメント

予約できました
情報ありがとうございました

#- | URL
2018/12/07 12:22 | edit

Re: タイトルなし

> 予約できました
> 情報ありがとうございました

こんにちは~♪
無事に予約できてよかったです!
前もそうでしたが、最近のAmazonのシステムは穴だらけで大丈夫なのかと心配になります。

ぬいきち #- | URL
2018/12/07 12:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nuikichi.blog.fc2.com/tb.php/1770-d809c372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

新作ブルーレイ(Amazon)

▲ Pagetop